【バンコク4泊5日旅行記】日帰りで子連れアユタヤ観光① エレファントライド体験とバーンマイリムナムで川エビランチ

今回の記事はこんな方にオススメ!

・バンコクに旅行をする予定がある
・ゾウに乗りたい
・美味しいアユタヤ料理を知りたい
・子連れで行けるか心配

初めてのタイ旅行となると王道のバンコク、そしてその次に考えるのが日帰りも可能なアユタヤ観光ではないでしょうか。

日数に余裕があるかどうかはもちろん、子連れの場合はアユタヤ観光は遺跡が多く大変なのでは、と心配される方が多いと思います。

ちーたろう

実際私もこの記事を投稿してから何度か相談されています

2歳児を連れたアユタヤ日帰り観光をとても快適かつ効率よく観光できたので、2つの記事に分けてご紹介します。

スポンサーリンク
Contents

アユタヤ遺跡群とは

1351年からビルマ軍の侵略に破壊される1767年まで続いたアユタヤ王朝の遺跡です。

創設者はラーマーティボーディー1世(ウートン王)。

アユタヤは、バンコク中心地にも続く本川のチャオプラヤー川と支川のパサック川等で取り囲まれているのが特徴で、中洲の内側と外側に多くの遺跡が点在しています。

この地図は旅行のとも、ZenTechさんよりお借りしました

ビルマ軍により破壊された後も残る遺跡は、「アユタヤ歴史公園」として1991年に文化遺産に登録されました。

バンコク市内からのアクセス

①ロットゥー(ミニバス)

北バスターミナル(モーチット・マイ)からアユタヤの中心地まで約90分(最短)

ちーたろう

ハイエースのようなミニバンの乗り合いバスです

②電車

国鉄フアランポーン駅から中洲の外側にあるアユタヤ駅まで約90-120分

座席は1~3等級に分かれており階級によって値段が変わる

3等級はエアコンなし、2等級はエアコン有、1等級は個室

③ツアーに参加する

アユタヤ内の移動間は楽だし、遺跡についてもしっかり知識を得られる方法です。

バンコクーアユタヤ間のツアーとなると、オプショナルツアーを扱う会社では必ずといってもあるので選びたい放題だと思います!

④貸切チャーター

これは我が家が利用した方法。

①と変わらず最短で90分ぐらいでアユタヤまで行けます。(※我が家はバンコク市内の渋滞に嵌りトータル2時間でした)

子連れアユタヤ旅はもうこれ一択でいいんじゃない?というぐらい大満足でした!

貸切チャーターについてはまた詳しく別記事でご紹介していますのでご覧ください。

9:00 バンコクのスクンビットエリアのホテルを出発

時間通りホテルまで迎えに来てくれました!

渋滞が酷いタイならではでしょうか。

路肩には物売りのおばちゃんがたくさんいて、渋滞で動かなくなった車の窓に近づき営業していました。

11:00 アユタヤ・エレファント・パレス到着

タイといえばゾウ!

遺跡巡りの前にまずはエレファントライド体験をしてきました。

バンコクはもちろんアユタヤでも日本語表記はたくさん見ました。

こちらでチケットを購入します。

エレファントライドのチケットは2種類。

①10分間で200バーツ/人 敷地外に出て広場でUターンをしてくるコース

②20分間で400バーツ/人 遺跡をバックに写真が撮れるコース

※料金や時間については変更される場合もあるので現地で改めてご確認下さい

我が家はゾウに乗れれば満足だったので10分コースにしました。

あれよあれよと誘導されてゾウ乗り場へ。

ここまでが早すぎてビックリ。笑

エレファントライドの注意点も日本語表記があり安心です

ここでチケットを渡して、さっそくゾウの背中に…!

乗り込むまでは係りのおばちゃん達に急かされ写真は撮れませんでした。笑

ゾウの上から見た景色

想像以上に高い!!

そしてゾウの歩みにより時間差で椅子部分が揺れる感じが独特でした。

乗馬とかする人は慣れてるのかなとぼんやり考えながらも娘は落とさないように必死で抱えてました。

エレファントライドのコースは歩道があるところが少なく、車すれすれを歩いていくのがスリリングでした。

午前中に行ったエレファントライドでは車道を悠々と歩き、車が避けていくというスリリングを体験! pic.twitter.com/AdgIxb8pJC

— ちーたろう🇲🇾ブログやってます (@chitaromalaysia) June 14, 2023

Uターンポイント
10分コースのため遺跡は遠くに見える程度
場内に戻ってきました
何気一番怖がっているのは旦那。笑

ゾウから下りると、チップコールが始まります。

手を伸ばすと、ゾウが鼻でお札を取ってくれます。(ここまでの流れも早くて写真撮れず)

娘はまだ怖がってやりたがりませんでしたが、お子さんがいる家庭はチップタイムも楽しめると思います!

またエレファントライド中、場外に出る直前に写真を撮ってくれています。

チップを渡した後、写真販売所がありそこで現像された写真を購入することができます。

また追加料金を払うとその場で写真データも頂けます。

10分を短いと思う人もいるとは思いますが、私たちの場合は幼い娘を抱えて慣れない揺れを耐えなければいけないので10分でちょうどよかったです!

この揺れが以外に腰や背筋に来ます。笑

餌やり体験

先程のチケットカウンターの隣にゾウの餌用のフルーツバスケットが売っているのでそちらで購入します。

注目したいのがこちら。

ゾウ使い達のリラックスモードが笑えました。

記念撮影サービス

時間帯にもよるのかもしれませんが、綺麗なピンク色のゾウとの写真が撮れました!(もちろんチップ要です)

可愛い♡

ゾウの傍に行って記念撮影!

サービスで鼻を巻き付けてくれたけど娘はビックリして大泣き。

それもまた皆の笑いを誘いました。笑

アクセス

วังช้างอยุธยา แล เพนียด(アユタヤ・エレファントライド・パレス)
Pa Thon Rd, Pratu Chai Sub-district, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000 
TEL: +66650099361
月~日 9:00-17:00

ちーたろう

10分のエレファントライドと餌やり・記念撮影で約40分の滞在でした!
旧正月にも関わらずあまり混んでいなくて待ち時間ゼロで全て体験できました

スポンサーリンク

11:50 川エビのグリルが名物!「バーンマイリムナム」でランチ

アユタヤでランチといえば川エビ!

観光客だけではなく現地の人にも人気な「バーンマイリムナム(Ban Mai Rim Nam)」に行きました。

バーンマイリムナム(Ban Mai Rim Nam)

チャオプラヤー川の川沿いに20年以上店舗を構える人気店。

事前予約をすれば30-80人乗車できる屋形船も出してくれるそうでパーティーにうってつけです。

テラス席から見たチャオプラヤー川
日差しが強いので日よけがありがたかったです

メニュー

メニューはほとんどタイ語ですが、写真付きなので注文しやすいです。

ドリンクも充実!

また公式ホームページにもメニューが載っているので自動翻訳等で英語に変換してチェックする方法もあります。

川エビの注文方法とオススメ

まずメインとなる川エビのグリルは重さによって値段が変わります。

1尾250g=500バーツ
1尾300g=600バーツ
1尾400g=800バーツ
1尾500g=1000バーツ

店員さんのオススメは400gの川エビ!

それ以下は身がやせ細っているからダメみたいなことを言われました。笑

せっかく食べるなら食べ応えのあるエビを食べたかったのでオススメの400gを注文。

大きい!!!

身がブリブリで味も濃厚!

上に乗っている味噌を絡ませるとさらに美味しく大人2人で食べるにはボリュームがあったけどそれでも400gにしてよかった!

ちーたろう

他のメニューも頼むなら大人3人(もしくは大人2人+子ども1or2人)ぐらいでつつくとちょうどいいかもしれません!

その他メニュー

それ以外に注文したのものはこちら。

FRIED RICE CHICKEN (LARGE)
川エビのすり身のフリッター
酢豚のようなもの

Fried Riceはとてつもなく多いです…!!

娘が大人と変わらないぐらい食べてくれたおかげで3人でほとんど食べれました。

間違っても一人1皿頼まないように…笑

タイティー
ボトルには色んな言語でありがとうと書いていました

アクセス

バーンマイリムナム(Ban Mai Rim Nam)
หมู่ที่ 2, 43/1, U Thong Rd, ต.ประตูชัย, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000
TEL: +6635242248
月~日 10:30-21:30

ここでトイレに行っておこう!
遺跡群を巡るのがメインとなるのでトイレに行くタイミングがなかなかなかったりするのでランチ場所で行くのが鉄則!
こちらのトイレは綺麗でしたししっかりトイレットペーパーも補充されていました

スポンサーリンク

まとめ

子連れアユタヤ観光前半をご紹介しました。

遺跡巡りがメインの日帰り旅ですが、アユタヤに到着したのが11時。

お昼を挟む時間帯を考えると先にエレファントライドとお昼を済ますのが吉ということをドライバーさんと相談してこのように進めました。

結果、午前中の元気なうちに娘にゾウを見せることも出来ましたし遺跡巡りをしてからランチに来る団体を先回りしてランチに入れたので待ち時間もなくてよかったです!

その他タイ旅行記事はこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

Contents