【バンコク4泊5日旅行記】大満足すること間違いなし!絶対に食べておきたいタイのおすすめグルメ6選

今回の記事はこんな方にオススメ!

・バンコク旅行の予定がある
・タイ料理が好き
・オススメのお店を知りたい

タイ料理といえば日本でも馴染みのあるものが多く、海外旅行に慣れていない方や旅行先での食べ物が心配…という方でも滞在中に比較的挑戦しやすいと思います。

そしてタイ料理は名物が多い!

ガイドブックを見ていてもグルメのページ数が他の旅行先よりもかなり多い印象を受けます。

今回はここさえ押さえれば良し!というお店をまとめてみました。

ちーたろう

一記事にするのは勿体ないほど盛り沢山だった!

Contents

カオソーイ @PAK BAKERY (パックベーカリー)

カオソーイとは?

タイ式のカレースープヌードル。

バーミーと呼ばれる卵入りの揚げ麺を使っているのが特徴。

初日、バンコクに到着して初めに食べに行きました。

ホテルから徒歩圏内だったのでホテルに荷物を置きに行ってすぐ行けたのが嬉しかった!

タイの(私の)イメージとは全く違うとてもオシャレなカフェのような佇まいでビックリ。

タイ料理店内もシックでおしゃれ

料理

私はもちろんカオソーイを注文!
旦那はパッタイを注文

カオソーイは日本人好みの味って聞いてたけど確かにこれはなんの違和感もなくペロッと食べられるわ!と思いました。

カリカリに揚がったバーミー麺にスープが浸み込んでいくので時間の経過とともに食感が変わっていくのも楽しかったです。

旦那の食べたパッタイはマレーシアのチャークイティオそのもの!って感じでマレーシア在住の日本人なら慣れ親しんだ味にホッと一息つけると思います。

アクセス

パック・ベーカリー ภัค เบเกอรี่

96/8-9 ซ.สุขุมวิท 23 (ประสานมิตร) แขวงคลองเตยเหนือ, Watthana, Bangkok 10110 

TEL: +6622581234

月~日 7:00-20:00

ベビーチェア:有

パッタイ@Thipsamai(ティップサマイ)

パッタイ(PADTHAI)とは?

タイ式の焼きそば。

第二次世界大戦時にタイ国内は米不足となり当時の国王首相プレーク・ピブーンソンクラーム氏が麺を積極的に消費するよう呼びかけたことで作られたのが「KUAY TIEW PHAD」のちの「PADTHAI」となります。

パッタイ発祥のお店ティップサマイ

パッタイ店の有名店といえばティップサマイ!

パッタイをタイ国内だけではなく世界的にも有名にした先駆者はサマイ夫人という方。

ご主人の漁業ビジネスをたたむことになり、幼少期にパッタイを含むタイ料理を売る手伝いをしていた経験を元に夫人が中心となって小さな店をスタートさせました。

今(2023年7月現在)では本店のPRATOOPEE店を含む6店舗まで拡大。

タイ国民および外国人観光客にも大人気のお店と成長しました。

大型商業施設アイコンサイアムにも出店!

今回訪れたのはこちら!

飲食店メインの6階にあります。

午後3時過ぎと何ご飯かも分からない時間に食べに行きましたが、チャイニーズニューイヤーの影響もあってかこの時間でも大行列でした!

ちーたろう

もし場所に拘らないのであればアイコンサイアム店ではなく他の店舗に行った方が待ち時間が少なくていいかもしれません

店内もオシャレ!
円卓もありました
待ち時間は6階に流れる滝を見て癒されましょう
流れ落ちるスピードに変化を付けて「ICONSIAM」という文字が浮き出るような演出もあります!

料理

注文はもちろんこちらの名物「パッタイ・ホーカイ」にしました!

このパッタイを卵で包んだ状態はティップサマイのオリジナルレシピです。

オムライスやオムレツのような見た目なのでもはや目から入ってくる情報だけで美味しいの確定。笑

お箸を入れてみると、想像以上に卵が薄くて驚きました!

中はオレンジ色の米麺が出てきます。

味は結構甘め。ケチャップっぽい甘さに似ていてもちもちしているので子どもも好きな味!

タイ料理も辛い料理が多めですがこれは子連れファミリーにも安心して勧められます!

量は少なめなのでサイドメニューを何か頼んでもよかったかな、と思いました。

子ども用に1皿頼んで残ったのを大人が食べる、ということにしても良さそうです。

こちらも名物のオレンジジュース

オレンジの粒たっぷりで絞ったままのオレンジのような自然な甘みでとても美味しかったです!

娘ががぶ飲みしたのでもう一本買えばよかった…笑

アクセス

ทิพย์สมัย ผัดไทยประตูผี​ (ティップサマイ)アイコンサイアム店

Khlong Ton Sai, Khlong San, Bangkok 10600 

月~日 10:00-21:00

ベビーチェア:有

スポンサーリンク

ガパオライス@ガパオ・タ・ペー

ガパオライスとは?

日本での知名度も高く今や家庭で作る人も多いタイ料理

タイ語でガパオは「ホーリーバジル」を意味しています。

ガパオと肉やシーフード等を合わせて炒めたものにご飯が添えられているのが一般的。

多くのお店で半熟の目玉焼きが乗せられており、それを崩しながら混ぜて食べると美味しいです。

ガパオ・タ・ペー

こちらは1番目にご紹介したパック・ベーカリーの近くにあり同じく私たちが滞在するホテルから徒歩で行けました!

お店は想像以上に狭い!

テーブル席が3席ほどで後はカウンター席、外にテーブル席が2席ほどです。

でもこの狭く媚びない感じが名店感があって心が躍ります。

メニュー

豚ひき肉を使ったガパオライスをはじめ、鶏ももや牛ひき肉を使ったものもあります。

日本のガイドブックのグルメページの常連でもあり、店内のポスター等にも日本語表記が沢山ありました。

料理

私は豚ひき肉のガパオライスと肉団子が入った梅スープを注文しました。

ガパオライスは辛さを3段階から選べます!

もうこれ日本食ってことでいいんじゃない?って思うぐらい美味しい。

この味知ってる!!!という美味しさ。

マレーシア料理も大好きですが、タイ料理の白飯はマレーシアより日本に近くて本当に安心する。(←そればっか言ってる)

もう一つ驚いたのが、この梅スープ。

ガパオライス以上に私はこのスープに感動しました!!!

梅の酸味が効いていてとてもさっぱりしているけどコクもあってスプーンが止まりませんでした!

ちーたろう

特にこの日はアユタヤ日帰り旅の日で晩御飯に立ち寄ったところ。
強い日差しにあたり疲労が溜まった体にこのスープが沁みました!

アクセス

กะเพราตาแป๊ะ(ガパオ・タ・ペー)

39/1 Sukhumvit Road, Khlong Toei Nuea, Watthana, Bangkok 10110 

TEL: +66653965291

月~日:9:30-20:00

ベビーチェア:無

トムヤムクン @スパンニガイーティングルーム

トムヤムクンとは?

これはナムサイタイプ

スパイスとハーブ、マッシュルームそしてエビの旨味が効いた酸っぱ辛い具沢山スープ。世界三大スープの一つ。

トムヤムクンは「ナムコン」と呼ばれるココナッツミルクが入った濃厚スープと、「ナムサイ」と呼ばれる透明度が高いスープの2種類に分かれます。

スパンニガ・イーティング・ルーム

タイ東部の伝統料理を提供するお店で2021年2022年と2年連続でミシュランに選ばれた有名店。

現在(2023年7月現在)3店舗を構えており、特に人気なのは3大寺院エリアのチャオプラヤー川のほとりにあるTha Tien店で私たちもそちらに食べに行きました!

地上階の屋内エリアと屋上階の屋外エリアに分かれているので是非屋上階に行ってみてください!

対岸に3大寺院の一つ「ワットアルン」が見えて気持ちがいいです。

夜はワットアルンのライトアップを見ながら食事ができる絶景スポットとなるので、予約必須です!

我が家は別のお店でワットアルンのライトアップを見ながらディナーをしました!

ランチタイムの屋上席が酷暑です…!
屋根の影に覆われている席とそうでない席があるので影がある席をオススメします。
なかったら地上階の屋内席で楽しみつつ写真を撮るためだけに屋上に上がる方がいいかも…

料理

トムヤムクンを注文!

今回はココナッツミルクが入って濃厚なナムコンにしました。

赤いスープにこの青緑のボールを合わせてくるのが素敵!

プリプリの厚みのあるエビやフクロタケと呼ばれるキノコがゴロゴロ入っていて具沢山!

麺等の炭水化物は入っていないのに満足感がすごいです!

レモングラスが効いていて辛さと酸っぱさのバランスが絶妙でした。

フクロタケですが最初はマッシュルームだと思っていました…笑
個人的には少しこのフクロタケが多すぎて食べるのがしんどかった。

あー日数に余裕があればナムサイの方も食べたかったし、別のお店のトムヤムクンも食べてみたかった!

アクセス

ห้องทานข้าวสุพรรณิการ์ สาขาท่าเตียน(スパンニガイーディングルーム)

392/25-26 ซอยเพ็ญพัฒน์ 2 Maha Rat Rd, Phra Borom Maha Ratchawang, Phra Nakhon, Bangkok 10200 

TEL: +66922539251

月~金 11:00-22:00

土日 10:00-22:00

ベビーチェア:屋上階は無 ※地上階は未確認

スポンサーリンク

プーパッポンカリー @ソンブーン

プーパッポンカリー

タイ語で「プー」がカニ、「パッ」が炒める、「ポンカリー」がカレーパウダーを意味している。

カレーパウダーで炒めたカニにふわふわと溶き卵が絡んだ料理。

ソンブーン

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by สมบูรณ์โภชนา Somboonseafood (@somboonseafood)

1969年開業のプーパッポンカリー発祥のお店として知られる名店。

バンコク市内に8店舗を展開していて、ミシュラン 2021にも輝いています。

後で知りましたがバンコク在住の日本人も良く利用するそうです!

料理

名物の元祖プーパッポンカリーを注文。

S/M/Lのサイズが分かれており、大人2人だったのでSで十分でした!

殻付きのものと、殻が取り除かれたものを選べますが殻が取り除かれたものをオススメします!

見栄えは殻付きが断然オススメなのですが、なんせ殻を剥くときにべたべたして食べづらい。笑

その点殻無しはスプーンでガッと掬ってパクッと口いっぱい頬張れます!

カニの身のふわふわ具合に感動!

そして味も子どもも喜ぶ甘めのカレー!ですごく美味しいです!

カレーとは言ってもカレーの主張はとてもマイルドでカニの風味や卵のまろやかさも際立っています。

家庭的な味ですがこれは家庭で作れそうで絶対作れない味!!!

ご飯に乗せて食べるのがオススメです。

アクセス

สมบูรณ์โภชนา(ソンブーンシーフード)

169 / 7-12 Thanon Surawong, Suriya Wong, Bang Rak, Bangkok 10500 

TEL: +6622333104

月~日 11:00-22:00

ベビーチェア:有

ちーたろう

平日の夜でも大賑わいだったので予約するのがベター

マッサマンカレー @タリンプリン

マッサマンカレーとは

ココナッツベースに玉ねぎとピーナッツ、サツマイモ等が入った甘みが際立ったカレー。

「マッサマン」の語源はペルシャ語で、「イスラム教徒(の)」という意味を持つ。

そのことからこのカレーにはハラルに準じて牛肉や鶏肉、羊肉が使われることが多いです。

マレーシア在住としては親しみを感じる!!

過去には「世界で一番美味しい料理50選」の1位に堂々のランクイン!

外国人の舌にも合うことが証明されている料理です。

タリンプリン

店名のタリンプリンはスターフルーツに似た果物を意味するそうです。

お庭付きの一軒家で伝統タイ料理を楽しむことができるレストラン。

自然光と庭の緑を見ながら食事を楽しめるオシャレ空間です。

シックな造りのソファエリアもありました
 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Talingpling Restaurant (@talingplingrestaurant)

このコックさんのロゴとショッキングピンクカラーが目印です。

お店の前にピンクの自転車
ショッピングピンクのトゥクトゥク
後で知りましたが、電話をするとこのトゥクトゥクで送迎してくれるそうです!
(どのエリアまで可能なのかは未確認なので直接お問い合わせください)
メニュー表もショッキングピンク
写真付きで分かりやすいです

料理

マッサマンカレー

タリンプリンではポークのマッサマンカレーも注文できます。

ポークサテーも一緒に注文したので、迷ったけどビーフにしてみました。

ナッツの香ばしさとブレンドされたスパイスにより奥深い味をしていて美味しい!

サイドにロティが付いてきますが、食感は少し固め。

ロティはマレーシアの方が好きかも。

サテー

ポークサテーも頼んでみました!

サテーには一口サイズのトーストが付いてきます。

それ以外にもドリンクも、デザートも豊富なのでカフェとしても使いやすいなという印象でした。

バンコク在住の日本人らしき人もたくさん見かけました。

アクセス

ตะลิงปลิง สาขาสุขุมวิท 34(タリンプリン スクンビット34店)

25 Soi Sukhumvit 34, Khlong Tan, Khlong Toei, Bangkok 10110 

TEL: +6622585308

月~日 10:30-22:00

ベビーチェア:有

番外編:行きたかったけど行けなかったお店

カオマンガイ @コーアン・カオマンガイ・プラトゥーナム

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by โกอ่างข้าวมันไก่ประตูน้ำ (@goang_chickenrice)

通称「ピンクのカオマンガイ」として知られる超人気店で、東京にも支店があるそうです。

私たちが行ったチャイニーズニューイヤーはお休みしていました。(泣)

大型連休で旅行する方は要注意です!

ただ徒歩圏内にご紹介したガパオ・タ・ペーがあるので休みでもどうにかなります!

こんな近くに名店があるなんて最高か!

โกอ่างข้าวมันไก่ประตูน้ำ(ゴーアンカオマンガイプラトゥーナム )

962 Phetchaburi Rd, Makkasan, Ratchathewi, Bangkok 10400 TEL: +6622526325月~日 6:00-13:30 / 15:00-21:00)

マンゴーパフェ @メイク・ミー・マンゴー

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Make Me Mango (@makememango)

マレーシアでも安く食べれるけどタイもマンゴー有名だから食べてみたかった!

けど時間と胃袋の余裕がなくて断念。

เมก มี แมงโก้ ท่าเตียน (メイク・ミー・マンゴー)

TEL: +6626220899

月~金 10:30-22:00

土日  10:30-20:30

スポンサーリンク

まとめ

タイ料理、ハズレ無し!!!!!

マレーシアが大大大好きだけど、ご飯については参りました…!って感じです正直。笑

しかも代表的なタイ料理が多すぎて4泊5日いても食べ尽くせない!!

旅行中一日もお腹壊せないな、と思うぐらい食べるスケジュールがぎっしりでした。

今回ご紹介したところはどこも有名店で物珍しさはないかも…

でも言い返せば今後旅行の予定がある方は今回ご紹介した場所に行けば一通りタイ料理を満喫したことになると思います!

是非バンコクで食べ尽くしてきてください!

その他のタイ旅行記事はこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

Contents